ただより高いものはない

出会いひろば

  • 圧倒的な会員数!
  • リピーター率№1
  • 会員数:約100万人

会員登録数№1の超人気サイト!会員が多いから出会いやすい☆
エントリーも簡単で初めての方にも安心の優良援交サイト。

SWEET LINE

  • 全国で探せる!
  • 即会い可能
  • 会員数:約70万人

地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
出会いに効果的な機能が満載の人気援交サイト!
管理人イチオシです♪

愛カツ

  • 女性が多いのはココ
  • 女性会員数№1
  • 会員数:約90万人

女性会員数がなんと驚愕の58%と業界でもトップクラスのサイト♪
特に20代~30代の会員が多いのが特徴の援交サイトです!!

プチ神募集掲示板

  • 初心者も問題ナシ!
  • 使いやすいから安心
  • 会員数:約60万人

オープン制で招待がなくてもすぐに使えるから安心♪
本気で出会いたい男女が登録しているのでオススメです!

FirstMail

  • 今注目サイト
  • 会員数急上昇中
  • 会員数:約50万人

すべての機能が使いたい放題の援交サイト!
占いやゲーム機能もあるので返事待ちの間も退屈させません☆

援交掲示板には利用するのに料金が必要なものと必要としないものがありますが、それなら誰もが無料で利用できるサイトに流れていってしまい、有料サイトは閑古鳥になってしまうのではないか?と思われがちですが、実際は全くの逆です。誰かにおすすめするとしたら、やはり有料のサイトになりますし、利用者が最も多いと言われている出会い系サイトはやはり有料サイトです。

男女とも無料だと気軽に参加できます。

しかし気軽であるがゆえに、いたずらや冷かしなど、出会いを目的としない利用者がどうしても存在することになります。こちらが一生懸命文面を考えてメッセージを送っているのに、送られた相手はそれを見て楽しんでいるだけ、なんてたまりませんよね。また男性がお金を払ってまで利用するということで、男性側に一定のモラルが保たれ、それにより女性側にもモラルが求められてきます。

男女とも無料だと真面目に出会いを求めている利用者を探すほうが困難だとまで言われています。
ではなぜ無料で援交掲示板を運営するのかというと、有料サイトに登録させるなどの目的で宣伝や広告を行うためです。業界的には単なる客寄せだとまで言われています。

実際に利用するにしても、利用者からきちっとお金をもらっている所はしっかり運営しています。サポートセンターが24時間待機していたりコンテンツが充実していたり、
悪質な会員に対処してくれたりといった態勢は、
無料サイトではとうてい望むことができません。
出会い系サイトに登録することで、迷惑メールが増えるということがあるのではないか、と警戒する人がいてもおかしくありません。
かつての出会い系サイトは犯罪の温床とまで言われていましたし悪徳サイトによる不不当請求や実に覚えのない架空請求、さらに利用者間のトラブルが恐喝や殺人など深刻な犯罪にまで発展してしまうことすらあり、社会問題にすらなりましたそのマイナスイメージがまだ残っている方は多いと思います。
現在では出会い系サイト規正法が制定され、サイト運営の健全化、利用者の年齢制限など厳格に規定されています。残念ながら悪徳サイトが根絶されたとは言えませんが、運営期間が長く、利用者の多い優良サイトであれば、法律に準拠した運営を行っていますから、登録することで迷惑メールが来るようになったりある日いきなり高額な請求が来たりするようなことはありません。
サイトに登録したことで、別の有料サイトに自動的に登録したことになる、という約款を盾に不当請求を迫るという詐欺事件があったようで、大変残念な事件です。
現在の法律の下では、「有料ですがいいですか?」のような確認画面が表示されなければならなことになっていますから、「自動的に有料サイトに登録」とたとえ約款に小さく書いてあったとしても、無効な契約となり請求は不当となります。
万が一身に覚えのない請求が来てしまったら、迷わず無視するか、(財)日本データ通信協会などに通報しましょう。

サクラ営業の現在


援交掲示板サイト
を利用する上で心配になるのが「サクラ」という詐欺行為です。会員にポイントを無駄に消費させるという手口ですからバイトがそのためにメールを打っているのだと思っていたのですが、半分不正解でした。
サクラ営業で会員からお金をだまし取るのが目的のサイトというものがあったんですね。
びっくりです。もうその「出会い系サイト」そのものがサクラなのですから、いわば出会えない系サイトなわけです。法的にもグレーだったこともあり、やりたい放題だったそうです。
調べてみますとサイト運営はひとつの会社として組織的に行っており、2交代や3交代でスタッフが常駐、メールの作成については場合わけで定型文が多数用意され、コマンド一発で送信する相手会員の名前が文中に一括して挿入されるようなシステムまで作っており、怪しまれないように本文をすこし加工して前後の矛盾がなくなるようにアレンジするといった、本格的なものだったといいます。

そこまで組織的に活動できるほどの収益があったという証拠でもあり、ひと月の売り上げが1億円を超えたというサイトもあったそうです。
しかし2010年以降、こうしたサイトに何百万円単位のお金を使ったという利用者が訴訟を起こしましてサイト側が敗訴、判例が出来てしまいましたから、サクラサイトはクロ、ということになりました。
こうした背景からサクラサイトは衰退の一途だと言いますが、まだひっそりと活動しているところもあるようです。そこへいくと大手サイトは安心できるようです。

出会い系サイトを利用するにあたり、
登録前から「サクラ」という言葉が目に付いたかもしれません。「ウチのサイトにサクラはいません!」「サクラなし!!」みたいな宣伝の仕方をしているサイトもいくつかあります。
登録前から「サクラ」という言葉を覚えてしまったという方も多いことでしょう。
サクラとは、一般の会員と同じように会員登録をして男性とやり取りをするのですが、いろいろな言い回しや言い訳を駆使して出会うのを引き伸ばしてポイントを消費させたり、ほかの出会い系サイトに誘導したりすることを仕事でやっている人々です。
かつてはサイト自体がサクラだった、「サクラサイト」という恐ろしいものまであったそうです。気づかずにやりとりを続けていると男性はポイントをどんどん浪費してしまったりほかの悪徳サイトに誘導されてがっつり絞りとられたりと、悪徳業者の養分になってしまいます。
現在ではサクラサイトを訴える裁判で判例が積み上がり、サクラの違法性が認められていますから、しっかりとした優良サイトでこうしサクラに引っかかってしまう懸念は大幅に軽減されました。大手老舗サイトではサクラは払拭されたといっていいでしょう。
ところが当然違法と知りながらサクラをやる業者が存在しているのも事実です。
それだけ儲かるしょうばいなのだという証拠なのですが、「サクラの見分け方」など検索して勉強するなどして、引っかかってしまわないようにしておく必要もあることでしょう。

注意するべき相手

最近では援交掲示板でも男女とも完全無料で運営しているところが増えてきているようですが、大手老舗サイトではいまだに男性有料が基本です。
国内最大手のハッピーメール、PCMAX、YYCといった出会い系サイトはそれぞれ何百万人もの会員数を誇り10年以上の歴史がありますが有料です。
男性は登録時にサイト内で使用するポイントを買い、女性にメッセージを送るときなどに消費します。これを利用して男性にポイントをどんどん消費させようとする女性会員がまれに存在して、男性会員の心配の種になっています。
出会い系サイトの宣伝を読むと、「サクラなし!」なんてうたっているところが幾つかありますね。男性とのメッセージのやり取りを故意に長引かせ、ポイントを消費させる活動をしているのがサクラです。

サイト運営側に雇われたバイトだという説が有力です。

現在ではポイント消費を節約するために、サイト内で2~3回メッセージのやり取りをする間にほかの無料SNSなどに移行してやりとりを続けるのが普通です。
これをいつまでも嫌がるような相手ならほぼほぼサクラだと認定してもいいでしょう。
移行するのが嫌なだけの相手かもしれませんが、それは単なるわがままなのであって男性側の都合を全く考慮できない相手だということなのですから切ったほうが吉でしょう。
プロフィール写真に過度にセクシーな写真を使っている女性もその意味で要注意です。
オトコの目を引こうとしてセクシー写真を一般公開できる女性は一般的な女性とはいえませんからね。
援交掲示板に横行していた「サクラ」ですが、近年判例が積み上がるなどして違法性が確認されるに至り、特に優良サイトでは根絶されたとみられています。とはいえ老舗優良サイト以外では密かに活動しているという話もあります。
また悪質なもの以外にも単なるいたずらや暇つぶしでサイトを利用しているという利用者も存在していますが、業者でなくてもこういった利用者は、ポイントを消費してサイトを利用する男性会員にとってはサクラも同様です。こうしたサクラ行為を見極める視点を持つことは、出会い系サイトを利用するうえでは必須とみられています。
まず第一に、芸能人やそのマネージャーを名乗る、またはほのめかす利用者はサクラか詐欺です。有名な芸能人ならわざわざ出会い系で相手を探すことはないですし、無名な芸能人なら出会い系をやっている暇などありません。
男性にメッセージを打たせてポイントを消耗させるのが目的のサクラの場合、会う約束をなかなか取り付けることができないままにやりとりをだらだら続けさせるものですから、頻繁にメッセージを送ってくるようになります。返信をしないでいると次々にメッセージが来るという場合。「どうして返事をくれないのですか?」「私のことが嫌いになったのですか?」など煽ってくるものが来たら、確実にサクラです。

出会い系サイトは実際に普通の異性と交流する場です。実際問題会ったこともない異性にここまで言う女性はいないでしょう。「でもひょっとして」と思わない現実的な考え方が必要です。

どんな人が利用するの?

援交掲示板を利用する人は、別に特別な人ではありません。お付き合いする異性を探すと言う行為自体は適齢期の人間として全く普通のことですし、探しに行くのが隣のクラスなのか隣の学校なのか、会社内なのか婚活サークルなのか出会い系サイト内なのか、といったように場所が違うだけだと考えたほうがいいでしょう。
もちろん例外はありますが、利用者も会社員や学生、主婦といったきわめて普通の人たちが主流です。これら普通の人たちが、遊ぶにせよ将来を思い描くにせよ、理想の相手との出会いを求めてサイトに訪れます。一般社会の中では交際相手を探したい人だけでなくもう間に合っている人もいます。

しかし出会い系サイトはその名のとおり異性と出会うための場所なのですから、サイトに登録している男女全が出会いを求めています。探すならこちらのほうがきっと可能性がありますよね。

ただ気を付けておかなければならないことがあります。
出会い系サイトはともすればゲーム感覚で女性と出会うことができるものなのですが、あくまでも相手は人間であり、あなたがタッチするスマホの向こうには生身の女性がいるのだということです。
最初のメッセージ送信は初対面の相手とお話をするのと同じことですよね。いきなり猥談でもりあがったりはしません。社会に出ている人間同士、最初から意気投合などないわけですから無理のない範囲で礼儀をわきまえたやりとりから始めるように心がけましょう。
出会い系サイトの利用者には様々な目的の人がいます。
将来を見据えた真面目な出会いを求めている人もいれば、遊び相手やセフレを求めている人も、援助交際を求めている人もいます。そのようなやや特殊な環境であっても人々が関わるひとつの社会のようなものですので、掲示板の投稿やメッセージの送信にはそれなりの社会人としてのマナーが必然的に求められます。
初対面の男性にいきなり馴れ馴れしく話しかけられて喜ぶ女性はほぼいないでしょう。スマホの画面の向こうにいるのは生身の人間であるという意識を持っている必要があります。
また、出会い系サイトの特有のマナーのような物もありますので、気をつけるに越したことはありません。例えば最近ではポイントを消費させながらのやりとりから直接メールのやり取りに、
またSNSを利用したやり取りに移行するのが主流だとはいいますが、
だからといって最初のメッセージでいきなりメアドを送りつけるというのは控えたほうがいいでしょう。お互い初対面ですから女性も警戒しています。
いきなりプライベートなゾーンに突入はできませんし、あまりにケチな男性に魅力を感じはしません。また、サクラをけいかいして「本当にあってくれるのなら」「サクラでなければ」などのように相手を疑ってかかるような言い回しは、相手にとってはとばっちり以外の何物でもありません。
相手に高印象を与えるというメッセージの目的からは遠く離れてしまいますので、これもやめたほうがいいでしょう。

直接連絡にいつ移行するか

多くの援交掲示板が女性は無料、男性はポイントを購入してこれを消費しながらメッセージを送信するというシステムです。
頻繁にやりとりを行おうものならどんどんお小遣いがなくなってしまいます。
それは女性も理解してくれますので、あるタイミングでIIDを交換するなどしてSNSでのやりとりに以降したり、メアドを交換して直接やりとりしたりというように、出会い系サイト内でのやりとりからサイト外でのやりとりに移行するのが普通です。しかしながら、だからといってポイント消費を嫌うあまり1通目や2通目のメッセージでメアド交換を申し出るのはタイミングとしては早すぎでしょう。
お互い全くの初対面だったわけですから、普通ならまだお互いに警戒心が残っている段階です。いきなりプライバシーに関わる情報を提供できるかといえば、普通の女性ならば無理でしょう。また、割り勘を嫌がる女性ばかりではありませんが、それでもケチな男性は敬遠されます。カネ払いがいいか悪いかだけでなく、小さなことにいちいちこだわる心の狭い人物だと思われてしまうことがあるからです。
いつまで待っても返信が来ない、なんて惨めなことになってしまいます。
だいたい3~4通目でメアド交換やSNS移行を提案するのが常識的なタイミングだといわれています。2通目から1通しか増えていませんが、この2通目と3通目の壁といいますか、大きな違いがあります。3通やりとりが続けば、これからこの先しばらくやりとりが続けられると考えられるからです。
男女平等という言葉に新鮮味がなくなった時代ですが、
レディーファーストという言葉が未だに健在であるように、男女で扱いが違うというのは今でも当たり前ですね。

出会い系サイトでもそれは大変顕著に現れています。
男女とも無料という男女平等を具現化したようなサイトが台頭しているのに、支持の厚い大手出会い系サイトは女性無料、男性のみ有料という方針で運営しているところばかりです。
そして男女とも有料というサイトはほとんどありません。
これはなぜなのでしょう。

援交掲示板の運営
で会員を集めるためには、それこそ女性無料が理想的だったということですね。男女とも無料というようにしてしまうと、気軽に参加できる反面真面目に出会いを求めているわけでもない人や、いたずらで参加している人まで招き入れることになってしまいます。しかし利用にお金がかかる、ということにしてしまいますと、ひとつの高いハードルになってしまいます。

女性は無料で気軽に参加できる、男性は有料でお金を払ってでも参加したいという気持ちがある人のみ利用する、となれば、男性側に一定の水準が期待できるようになりますから、女性はまだ安心して登録できます。よって女性会員が集めやすく、女性会員が集まるから男性会員も多く集めることができる、というまことに月妙なバランスのとれたシステムなのです。もちろんそれはあくまでも最低限の水準ですので、会員だから無条件で信用してもらえる、というほどのものではありません。
メールの文面には気をつけましょうね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ